個人事業で成功するために必要な考え方

経営コンサルタントにはいいかげんな人がすごく多い。高いコンサルタント料をとるくせに、全く企業の利益に貢献しないことばかりするコンサルタントばかりだ。

そんな中でも信用できるコンサルタントというのは、10年、20年単位で企業を見てきて経験を語るコンサルタントだと思う。

そういうコンサルタントの意見は聞いていても納得できる部分がたくさんある。

例えば、あるコンサルタントは言っていたけど、起業は全国展開すると、ほとんど潰れるらしい。だから、エネルギッシュで野心的すぎても起業はだめだというのだ。

なるほどと思う意見だ。2000年ぐらいからいろんな会社がいろんなビジネスを起こした。私の知っているかぎりでも、大きくビジネスを拡大して潰れる会社はたくさんあった。

居酒屋、中古車、エステ、ラーメンと全国展開を目指すとほとんどダメになっている。

だから起業して成功するためには、まず、小さく始めて、そのまま小さいままを維持して儲け続けることが大事なのかもしれない。

その証拠に最近の例だと細々とやってきた債務整理専門の司法書士法律事務所などが非常に活況だ。

旦那の借金を上手く解決してくれる法律事務所というウワサだけで、年収1000万円の司法書士だとかがけっこうな数登場するようになっている。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です