10年で3%の壁

いろんな経営に関する研究データがある。個人事業に関するデータもたくさんあるが、1番、聞いていて驚く個人事業に関するデータは起業の生存率だろう。

驚くことに、あるデータによると、個人で起業した人が10年生き残る確率は3%しかないという話だ。

ということは、10年で、97%もの人が起業に失敗するということだ。

これは、夢を追う人にとってよく頭に入れておかなければならない貴重なデータだと思う。

このデータが1番よく現れているのが、プロ野球やJリーグの世界だろう。

新人としてデビューして10年以上生き残る人は、このデータ通り、3%もいない。

ほんの一握りになっている。どうやってデータを考えるかにもよるが、高校野球や高校サッカーの選手もしくは、Jリーグの下部組織のユース世代の人たちなど、そういう人たちが、すべてプロを狙っていると考えると、おそらく、3%以下というもっと厳しい数字になると思う。

こうやって考えると、プロや個人事業の世界がいかに厳しい世界かということがすごくよく解る。

今インターネットがどんどん進化して、手軽に素人がAVなどのアダルトコンテンツをインターネット配信という形で、個人で制作してネットで販売するようになった。

このAV制作の個人事業の世界でも注目なのが、プロスポーツ選手と同じように、3%の壁が存在するということだ。

2013年が個人制作AVのインターネット配信が本格化した最初の年だとすると、今年でもう、6年目になる。

この間にダメになった個人のAV制作者と売れ続けている個人のAV制作者の比率を見ているとだいたい3%の確率に近づいてきている。

数年前までは、まだ、すき間産業だったAVの個人制作のインターネット配信の世界も今は、熾烈な競争が行われるようになっている。

過激でグラマラスな人妻や美少女のAVを制作すれば、すぐに売れた時代は終わり、今は内容がしっかりしていないと全く売れない時代になっている。

人気AVメーカーのマドンナの母子AVのように、しっかりとしたストーリー性やメッセージ性、そして、出演するAV女優の質がなければ、もう、目の肥えたAVファンは目も向けてくれなくなってしまった。

年功序列の崩壊やリストラがあるので、サラリーマンを一生やるのはバカだなんて言って個人で事業を始めても、甘くない現実があることをもっと今のサラリーマンはしっかりと認識すべきだと思う。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です